夢を叶える為に、夢を宣言する方がいい?しない方がいい?

夢を叶える為にはみんなに夢を語る方がいいと良く言われます。

それは、言う事で後には戻れないという意味や協力者が現れるという点でそういわれます。

でも、実際はどうなのでしょうか?

夢を語れば夢が叶う!は迷信・・・

夢を叶えるには、夢を語る。それもなるべく多くの人に宣言する事が大事だと言われます。

しかし、現実にはどうでしょうか?例えば、あなたが『社長になりたい!』という夢を持ってたとします。

それを宣言する事で味方やアドバイスをしてくれる人が現れるでしょう。

しかし、味方よりも多くの敵が現れるのが現実です。あなたに直接的に攻撃をする事はありませんが、きっとこう言う人が現れます。

『あいつには無理だ』とか『現実を見ていない』とか、あなたを否定をする意見が多数でてくるでしょう。

その時、あなたはどう思いますか?あなたがまったくその意見に耳を傾けずに社長になりたいという信念だけを貫くのであれば大丈夫!

しかし、多くの人がこう思います。『私にはやっぱり無理かな?』『思っていればいつかはなれるかな・・』とか。

信念がぶれます。これを専門用語ではドリームキラーと言います。いわゆるあなたを邪魔する人です。

ですから、夢を宣言せず自分に語りかけるだけが一番いいと言えます。

ウソだと思われる方も居ると思いますが現実にあなたも体験してるはずです。

身近な話で言うと、合コンなどで知り合った男性に恋をします。始めはライバルが居なかったのに、●●君が好き!と宣言した事で、ライバルが出現。

親友だったあの子が、恋の邪魔をする!なんて事は誰でも体験した事あるかもしれません。

体験をしてなくても、見たり聞いたりした事はあるはずです。それがドリームキラーの正体です。

もし、自分が叶えたい夢があるのなら、何も無理に敵を増やす必要はないと思いませんか??

あなたが夢に向かって突き進めるように自分でその環境を整えるといいでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です